ヘンプシードは、ミネラルを豊富に含む

ヘンプシード

国民栄養調査によると、現代日本人の食生活では多くのミネラルが所要量に達していないことが判明しています。
成人の平均摂取量を所要量とくらべてみると、加工食品に多いリンやナトリウムは多く摂取しており、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅といったミネラルは所要量を満たしていませんでした。
ミネラルは、お互いが協力しあって働くのでとくに、どれかひとつをたくさんとればよいというものではなくバランスが大切です。

ヘンプシード(麻の実)には、人間に必要とされるミネラルのすべてが豊富に含まれています。
例えば、骨や歯の形成と成長に欠かせないマグネシウムとカルシウム、また、血液中のヘモグロビンの構成成分であり酸素の運搬に重要な鉄、ヘモグロビンの合成や骨や血管壁を強化する銅などが含まれています。
そのためヘンプシードは、貧血の90パーセントの原因となっている鉄欠乏に非常に有効であると考えられます。さらに、亜鉛を豊富に含むため、味覚異常、脳機能活性化、生殖能力の活性化に良いと思われます。
さらに、ビタミン類でも、活性酸素からからだを守り、生活習慣病や老化を防ぐビタミンE、止血や骨粗しょう症の予防・治療に有効な成分として注目されているビタミンK、赤血球や細胞の新生に不可欠な葉酸を多く含んでいます。

このようにヘンプシードは、現代人に不足しがちなタンパク質、脂肪、食物繊維、ミネラル、ビタミンをバランスよく含む完全栄養食品のひとつといえます。
そして、サプリメントのように栄養補助的に摂取するのではなく、おいしく日常的な食生活にとり入れられるのが最大の魅力なのです。